事業内容

第14回大会記録

※第14回大会は無事、終了しました。ありがとうございました。

  • 大会の開催風景は、こちらでご覧になれます。
主催 日本リハビリテーション連携科学学会
開催期日 平成25年3月9日(土)~ 3月10日(日)
開催場所 ホテルプラザ菜の花
〒206-0854
千葉県千葉市中央区長洲1-8-1
TEL:043-222-8271/FAX:043-227-4649
大会長 吉永勝訓(千葉県千葉リハビリテーションセンター センター長)
実行委員長 浅倉次男(山形県立保健医療大学 教授)
参加費 一般前納:5,000円、学生前納:2,000円、 障がいのある方:1,000円

当日受付は、(一般:6,000円、学生:3,000円)
懇親会費 前納:5,000円、当日:6,000円

日本リハビリテーション連携科学学会第14回大会 開催に向けて

大会会長 吉永 勝訓 (千葉県千葉リハビリテーションセンター)

14回大会会長
吉永勝訓 大会会長

このたびは、伝統ある日本リハビリテーション連携科学学会の第14回大会長を務めさせていただくことになり、大変光栄に存じます。
第14回大会は平成25年3月9日(土)10日(日)に千葉市で開催いたします。
会場の「ホテルプラザ菜の花」はJR内房線・外房線の本千葉駅に近く、また千葉県庁に隣接しており、東京駅から1時間以内に会場に到着することができる場所にあります。この季節、南房総では春の花がきれいに咲いておりますので、学会の前後に観光で足を延ばされてもよろしいかと思います。

今回の大会テーマは「誰もが街で暮らすために」とさせていただきました。これは、私がセンター長を務めます千葉県千葉リハビリテーションセンターの理念でもあります。私どものセンターは、障害児・者に対して主に医療・福祉の立場からリハビリテーションを提供し、また県の障害児・者施策運営の一端を担っている機関です。今回の大会は、障害をもたれた方々が地域生活を円滑に行うための各種連携について考えてみたいと思っております。特別講演は、横浜市リハビリテーション事業団顧問の伊藤利之先生にお願いいたしました。また、2日目の午後は、当センターが千葉県の地域リハビリテーション支援センターとして毎年開催している地域リハビリテーションフォーラムとの共催ということで、地域リハビリテーション事業を通じて障害児・者の地域生活に役立つ活動をされておられる方々にお話しいただくシンポジウムを計画しており、座長は長崎大学の松坂誠應先生にお引き受けいただく予定でおります。
本学会はさまざまな職種、立場の会員の方々が、リハビリテーションにおける連携について考えるという、ユニークな、しかし現在どの医療福祉分野においても非常に重要なテーマを含んでいる学会です。ぜひ多くの学会員の方々に千葉にお集まりいただき、活発なご発表や意見交換をしていただきたいと存じます。私どもの職員(本学会員を中心)による手作りの質素な学会になると思いますが、全国から多数の皆さまのご参加をお待ちしております。

大会日程

大会1日目 平成25年3月9日(土)
時間 内容
9時 受付
9時45分 開会式
10時~11時 大会長基調講演 「誰もが街でくらすために」
吉永 勝訓(千葉県千葉リハビリテーションセンター センター長)
11時~12時 特別講演 「総合リハビリテーションにおける『連携』」
伊藤 利之 (横浜市リハビリテーション事業団 顧問)
12時~13時 休憩
13時~14時30分 シンポジウム 「暮らしを支える連携」

シンポジスト
【教育関係者】
千葉県立袖ヶ浦特別支援学校 特別支援教育コーディネーター 塩田順子

【就労関係者】
大東コーポレートサービス株式会社 サービス1課 課長 辻 庸介

【ピアサポート関係者】
全国脊髄損傷者連合会千葉県支部 支部長 石井正彦

【高次脳支援関係者】
千葉県千葉リハビリテーションセンター 地域連携部相談室 森戸崇行

座長
八重田  淳 (筑波大学大学院人間総合科学研究科 准教授)
小滝 みや子 (千葉県千葉リハビリテーションセンター 福祉局長)

14時30分~14時40分 休憩
14時40分~15時40分 一般口述演題 15分×4演題(予定)
15時40分~16時10分 ポスター演題閲覧時間
16時10分~17時10分 一般ポスター演題 10分×5演題×5セッション(予定)
17時30分 懇親会(ホテルプラザ菜の花 内)
大会2日目 平成25年3月10日(日)
時間 内容
9時 受付
9時10分~10時 総会
10時~11時30分 学会企画セミナー
「ライフスパンから見たリハビリテーションの連携」
コーディネーター:藤田 和弘、芳賀 裕子
話題提供者:大内 進、佐々木 葉子、八重田 淳、鶴田 尚子
11時30分~12時30分 一般ポスター演題
10分×5演題×5セッション(予定)
12時30分~13時30分 休憩
社会リハ研究会自主企画セミナー 「DVD見て学ぶ社会生活力プログラム」
13時30分~15時50分 地域リハ支援拠点機関の挑戦
~地域包括ケアに向けての連携づくり~
( 第6回千葉県地域リハビリテーションフォーラム)

シンポジスト
堀井 孝  京都府リハビリテーション支援センター
(京都府健康福祉部リハビリテーション支援センター)

高松 滋生 滋賀県リハビリテーション支援センター
(滋賀県立リハビリテーションセンター)

中西 智也 兵庫県但馬圏域リハビリテーション支援センター
(兵庫県但馬長寿の郷)

堀田 富士子 東京都区東部リハビリテーション支援センター
(東京都リハビリテーション病院)

田中 康之 千葉県リハビリテーション支援センター
(千葉県千葉リハビリテーションセンター)

座長
松坂 誠應 (長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 教授)
15時50分 閉会式
16時 終了
  • 入会のご案内
  • 大会・フォーラムのご案内
  • 研究誌への投稿について
  • メディカルオンライン
このページの先頭へ
日本リハビリテーション連携科学学会事務局
〒112-0012 東京都文京区大塚3-29-1
筑波大学大学院人間総合科学研究科 リハビリテーションコース事務室気付
TEL:03-3942-6861 FAX:03-3942-6895