事業内容

第11回大会記録

※第11回大会は無事、終了しました。ありがとうございました。

主催 日本リハビリテーション連携科学学会
開催期日 2010年3月20日(土)~21日(日)
開催場所 九州保健福祉大学(宮崎県延岡市)
特別顧問 南嶋洋一(九州保健福祉大学学長)
大会長 藤田和弘(吉備国際大学学長)
実行委員長 山口洋史(九州保健福祉大学教授)
参加費
一般参加
前納=5,000円、当日=6,000円
学生
前納=2,000円、当日=3,000円
懇親会費
前納=4,000円、当日=5,000円

テーマ『連携力と社会資源』

今大会では、連携力と社会資源という二つのキーワードをとりあげたいと思います。連携力には、組織における連携力と個々人における連携力が考えられます。前者は大別して横の連携力と縦の連携力に分けられ、後者は、専門職の誰もが共通に持つべき知識と技能といえましょう。こうした連携力を発揮し、向上させるためには、既存の様々な社会資源の活用や開発も必要となります。それを平易なことばでいいかえたものが、副題にある「みんなが資源、みんなで支援」であります。こうした大会テーマにふさわしい内容を基調講演、特別講演、シンポジウムに反映させるべくプログラムを組んでまいります。今回は、本学会の大会が初めて九州地区で開催されることもあって、吉備国際大学、九州保健福祉大学、九州保健福祉大学総合医療専門学校の3校ジョイントで開催致すことになりました。多数の皆様のご参加と演題申し込みをお待ちしております。

演題募集

日本リハビリテーション連携科学学会第11回大会実行委員会では、リハビリテーションの連携に関する口頭発表、ポスター発表のほか、公開シンポジウムなどを予定しています。口頭発表、ポスター発表の演題は下記の日程で募集致しております。

演題登録:2009年9月~10月31日

抄録集原稿締め切り:2009年12月21日

*お申し込み、お問い合わせはE-mail、またはFAXでお願いいたします。

交通アクセス

九州保健福祉大学
JR延岡駅からバスで、25分
宮崎空港駅→JR延岡駅で、1時間20分

大会日程

第11会大会日程

演題募集のお知らせ

今大会のテーマ「連携力の創造と社会資源の再構築~みんなが資源、みんなで支援~」及び連携科学などに関する内容で一般演題を募集いたします。発表時間は、参加者全員で討議することを重視し、口述の場合1演題につき質疑も含めて20分、ポスターで10分としています。発表者氏名・所属・演題名・希望発表形式(口述又はポスター)・要旨200字以内を下記のアドレスにEメールにて送付してください。事務局で発表者を決定のうえ、発表の形式・方法等を連絡させていただきます。

締め切りは10月末日です

なお、演題抄録(論文集原稿)の投稿規定・プレゼン作成要領・ポスター作成要領につきましては、演題が採択された方に追ってご連絡いたします(抄録原稿の締め切りは12月21日を予定しています)。

第11回大会事務局

宮崎県延岡市吉野町1714-1
九州保健福祉大学
FAX:0982―23―5668(山口洋史研究室)
E-Mail:

  • 入会のご案内
  • 大会・フォーラムのご案内
  • 研究誌への投稿について
  • メディカルオンライン
このページの先頭へ
日本リハビリテーション連携科学学会事務局
〒112-0012 東京都文京区大塚3-29-1
筑波大学大学院人間総合科学研究科 リハビリテーションコース事務室気付
TEL:03-3942-6861 FAX:03-3942-6895