事業内容

日本リハビリテーション連携科学学会研究誌・目次

第4巻第1号(2003年11月30日刊行)

リハビリテーションにおける連携―地域のニーズに合うリハビリテーションの実践から学ぶ―

焦点=リハビリテーションにおける連携−地域のニーズに合うリハビリテーションの実践から学ぶ

1.特別講演I

" まちの保健室" 活動から見た連携上の問題と将来_南裕子・・・(1)

2.特別講演II

障害のある人々が安心して企業就労できる環境整備
 ―不安をニーズとして捉える―_依田晶男・・・(5)

3.実践報告

総合リハビリテーションの連携の実践
_澤村誠志・田中真弓・米倉敬司・古川直樹・謝世業・糟谷佐紀・・・(11)

4.シンポジウムI=地域におけるリハビリテーションの連携の促進因子と阻害因子

シンポジウム「地域におけるリハビリテーションの連携の促進因子と阻害因子」の概要
_中野恭一・・・(27)

居宅介護支援事業者の立場から_森上淑美・駒井守・荻本文人・北村俊・・・雄(28)

稲美町における地域リハビリテーション連携の推進因子−20 年の歴史から_辻良子・・・(30)

広域市町村の立場から_東後篤和・・・(33)

二次医療圏域の立場から_備酒伸彦・・・(35)

当事者の立場から―私の生活の中での連携について_瀬戸川光子・・・(37)

5.シンポジウムⅡ=福祉のまちづくりにおけるリハビリテーションの連携

シンポジウム「福祉のまちづくりにおけるリハビリテーションの連携」の概要_多淵敏樹・・・(40)

127 住民参加の団地再生—島団地再生事業の経験から_平山洋介・・・(45)

社会資源としての市民の連携_小杉崇浩・・・(48)

6.シンポジウムⅢ=精神障害者の就労支援におけるリハビリテーション連携上の課題

シンポジウム「精神障害者の就労支援におけるリハビリテーション連携上の課題」の概要
_阪田憲二郎・・・(51)

直接支援の立場から―社会福祉法人かがやき神戸の実践から_池山美代子・梅木さやか・・・(54)

直接支援の立場から―社会福祉法人やおき福祉会の実践_北山守典・・・(57)

労働行政の前線の立場から_前田文雄・・・(59)

精神医療の立場から「はたらく」ことを考える_中井祥博・・・(61)

7.セミナー

発達障害児療育における医療・福祉と教育の連携_宮田広善・・・(64)

研究論文

原著

コーディネーション・サービスに対する利用者の満足度
 ―コーディネーターからみた実施度との関連―_松山光生・鈴木由美子・藤田和弘・・・(68)

中途視覚障害者への支援―視覚障害リハビリテーション施設におけるサービス提供状況
_辰巳佳寿恵・原志治・香川邦生・・・(79)

チームサポートによる服薬自己管理プログラムの実践的取り組み_宮崎宏興・宮本真人・・・(89)

就学前後の自閉症のある子どもに対する協同的アセスメント
 ―エコロジカル,およびPEP−R によるアプローチ_玉木宗久・大柴文枝・渥美義賢・・・(99)

訪問リハビリテーションの適切な継続期間に関する検討―現状分析と終了基準設定への提言
_矢野秀典・牧田光代・吉野貴子・飯島節・・・(111)

短報

大阪府豊能二次医療圏における地域リハビリテーション推進事業
 ―病院間ネットワーク構築 への取り組み_逢坂悟郎・・・(117)

地域アスレチックリハビリテーションの取り組み―病院,地域スポーツ施設,体育系大学との連携
_高野賢一郎・中田研・吉田竹志・下津浦遊・谷本武晴・内山匡将・佐伯良子・渡部幸栄・相澤徹・小柳好生・川上晃司・住田幹男・多田浩一・・・(112)

資料

福祉保健センターにおけるインテーク部門の専門職に対する意識調査_星野晴彦・・・(129)

報告

二分脊椎児の就学支援に関する事例の検討−ネットワーク作りを目指して
_小野敏子・熊谷恵子・・・(137)

提言

「連携」におけるIT 活用の可能性と展望について―障害当事者の立場から_阪本英樹・・・(145)

研究会報告

ケアマネジメント研究会報告―ケアマネジメント技法としての事例検討会モデル・・・(150)

自立活動研究会報告―自立活動の指導における連携のあり方(2)―個別の指導計画を活用した連携の実態とその成果・・・(155)

職業リハビリテーション連携研究会報告―職業リハビリテーション連携へのICF(国際生  活機能分類)の実践的活用・・・(158)

  • 入会のご案内
  • 大会・フォーラムのご案内
  • 研究誌への投稿について
  • メディカルオンライン
このページの先頭へ
日本リハビリテーション連携科学学会事務局
〒112-0012 東京都文京区大塚3-29-1
筑波大学大学院人間総合科学研究科 リハビリテーションコース事務室気付
TEL:03-3942-6861 FAX:03-3942-6895