事業内容

日本リハビリテーション連携科学学会研究誌・目次

第9巻第1号(2008年6月30日刊行)

巻頭言

国内外におけるリハビリテーションのゆくえ_奥野英子・・・(1)

展望

障害者自立支援法の影響と今後の課題:国内的・国際的動向を踏まえ、これからの障害者福祉を考える
_石渡和実・・・(3)

原著

原著身体障害のある人々に対する態度:確認的因子分析による職種間の因子構造の比較
_川間健之介・・・(12)

資料

授産施設利用者の個別支援計画に関する研究:連携の促進に焦点を当てて_大橋徹也・・・(22)

日本リハビリテーション連携科学学会第9回大会記録

海外講師招聘講演:多職種間教育−レトリックから現実へ・・・Hugh Barr(30)

シンポジウム:保健医療福祉連携教育の実現に向けて

シンポジウム「保健医療福祉連携教育の実現に向けて」を終えて_大嶋伸雄・久保雅義・・・(36)

専門職による連携支援のための総合ゼミ4 年間の試行総括_永井洋一・・・(37)

千葉大学医療系学部における専門職連携の取り組みと今後の課題_酒井郁子・・・(38)

仮想事例を用いた保健医療福祉連携教育の構想_真柄彰・・・(39)

「赤ひげチーム医療人の育成」を目指す新潟大学の取り組み_鈴木栄一・・・(42)

社会福祉の立場から見た保健医療福祉連携教育の現状と今後の展望_朝日雅也・・・(43)

一般演題抄録・・・(46)

自主研究会合同シンポジウム:課題解決に向けて自主研究会相互に連携の輪を広げるために
_日本リハビリテーション連携科学学会研究推進委員会・・・(60)

学会からの報告

日本リハビリテーション連携科学学会平成19 年度総会議事録・・・(69)

日本リハビリテーション連携科学学会平成18 年度収支決算書・・・ (72)

第9巻第2号(2008年12月19日刊行)

展望

地域リハビリテーションにおける連携専従職員の必要性について_福屋靖子・・・(81)

原著

計画的な退院支援の促進に向けた大学支援の評価_細川満子・石鍋圭子・三津谷恵・・・(91)

脳卒中後遺症者と担当理学療法士が認識している外来理学療法目標に関する調査研究:
国際生活機能分類の枠組みに依拠した検討
_上岡裕美子・吉野貴子・菅谷公美子・斉藤秀之・大橋ゆかり・飯島節・・・(99)

短報

斜面板上における立位姿勢保持がその後の平地上における足圧中心位置に及ぼす影響
_中山恭秀・安保雅博・飯島節・・・(112)

資料

社会福祉関連学会等における障害のある会員への支援の実態と課題
_高山亨太・奥野英子・・・(116)

日本リハビリテーション連携科学学会第9回大会記録

基調講演:健康長寿を目指すQOL サポーターの連携_高橋榮明・・・(122)

  • 入会のご案内
  • 大会・フォーラムのご案内
  • 研究誌への投稿について
  • メディカルオンライン
このページの先頭へ
日本リハビリテーション連携科学学会事務局
〒112-0012 東京都文京区大塚3-29-1
筑波大学大学院人間総合科学研究科 リハビリテーションコース事務室気付
TEL:03-3942-6861 FAX:03-3942-6895