活動経過報告
事業内容

平成24年度教育支援研究会活動経過報告

平成24年度における教育支援研究会のこれまでの活動経過は次の通りである。

(平成24年9月13日現在)

Ⅰ.平成24年度第1回運営委員会

  1. 日 時:平成24年4月22日(日)14:30~16:30
  2. 場 所:筑波大学附属桐が丘特別支援学校施設併設学級1階会議室
  3. 検討事項
    (1)平成24年度活動方針の検討
    (2)平成24年度活動日程の検討
    (3)平成24年度事務局役割分担の検討
    (4)その他
    *運営委員会における具体的な検討事項は別紙参照

Ⅱ.平成24年度の研修日時と研修内容

以下に示す第1回~第4回の研修は、全て筑波大学附属霧が丘特別支援学校を会場として、14時半から17時半に行われたものである。(参加者は概ね10名程度)

第1回研修会:6月1日(日)(執筆内容の検討1)

第1章(香川)、第4章(荒木・丹所)、第5章(事例:波田野・田中)

第2回研修会:7月1日(日)(執筆内容の検討2)

第2章(香川)、第4章(後藤・伊藤・根岸・秋山)
第6章(事例:八巻・初谷・古山)

第3回研修会:7月29日(日)(執筆内容の検討3)

第3章(大内)、第4章(秋山・後藤)

第4回研修会:8月26日(日)(執筆内容の検討4)

第3章(大内)、第5章(事例:清水)

第5回研修会:9月1日(土)-2日(日)【合宿時】

場所: 春山荘(茨城県笠間市)
参加者: 11名(香川・大内・荒木・清水・秋山・丹所・波田野・八巻 後藤・伊藤・若松)

《9月1日》10時40分友部駅集合

  • 体験実習:笠間工芸の森でろくろを使った製作活動(13時~15時)
  • 研修会:研修は、15時半~17時半、20時~23時半の2回に分けて行った。
    研修内容は以下の通りである。
  • ①(執筆内容の検討5)
    第3章(大内)、第5章(事例:清水)
  • ②「特別支援教育における連携の構造」に関する討議
  • ③ 特別支援教育に関する情報交換

《9月2日》
北大路魯山人記念館の「春風万里荘」を尋ね、魯山人の遺産に触れた。また、窯元を訪ねて笠間焼の研修をした者もいる(笠間にて解散)。

このページの先頭へ
日本リハビリテーション連携科学学会事務局
〒112-0012 東京都文京区大塚3-29-1
筑波大学大学院人間総合科学研究科 リハビリテーションコース事務室気付
TEL:03-3942-6861 FAX:03-3942-6895