事業内容

平成26年度・教育支援研究会 公開研修会のご案内

「小中学校における特別支援教育の取り組みの現状と課題」
-障害児が在籍する小学校の学級経営の在り方を中心に-

日本リハビリテーション連携科学学会
教育支援研究会

開催の趣旨

日本リハビリテーション連携科学学会教育支援研究会では、教育の分野から幅広い連携のあり方についての研究・研修を行ってまいりました。
インクルーシブ教育システムの構築に向けた取り組みが進展している中で、小学校や中学校の通常の学級においてもこれまでとは異なった指導体制の構築が望まれていますが、中でも学級経営の在り方や様々な教育資源との連携が求められるようになってきています。教育支援研究会では、今後の通常学級の学級経営や連携の在り方を考究することをめざした活動を行ってまいりましたが、今回、こうした活動の一環として、実際に学校現場でどのような実践や連携がなされているのか、その生の状況を把握する機会を設けることと致しました。
学級経営や様々な教育資源との連携において、先進的な取組をしている小学校から講師をお招きし、その実践についてご講演いただき、参加された皆様とともに学級経営や連携の在り方について情報交換することを企図して下記のような内容で公開研修会を開催いたします。
本研修会は現在進行中の実際の様子を把握する貴重な機会であり、インクルーシブ教育システムの構築や今後の特別支援教育に関心をお持ちの方にはたいへん有意義な情報が得られる絶好の機会ではないかと思います。小学校の先生方のみならず中学校の先生方、特別支援学校の先生方にも有効な情報だと思いますので、奮ってご参加下さいますよう、ご案内申し上げます。

1.日時

平成26年12月6日(土) 午後2時~午後5時00分(午後1時30分から受付)

2.会場

筑波大学附属桐が丘特別支援学校

〒173-0037
東京都板橋区小茂根2-1-12 (地図参照)
電話 (03) 3958-0181

3.テーマ

「小中学校における特別支援教育の取り組みの現状と課題」
-障害児が在籍する小学校の学級経営の在り方を中心に-

4.研修会の内容

司会:清水 聡(筑波大学附属桐が丘特別支援学校)

  1. 研修会開催の趣旨説明
     大内 進(国立特別支援教育総合研究所)
  2. 講演
    1. 小学校における特別支援教育の実践 -学級経営の在り方を中心に-(1)
       調布市調和小学校校長 山中ともえ先生
    2. 小学校における特別支援教育の実践 -学級経営の在り方を中心に-(2)
       日野市立平山小学校主幹教諭 内田智子先生
  3. ディスカッション
  4. まとめと謝辞
     香川 邦生(教育支援研究会 顧問)

5.参加申込先

清水 聡 筑波大学附属桐が丘特別支援学校

メールアドレス:
携帯電話:090-7732-6953

なお、当日の飛び込み参加も歓迎致します。

6.参加費

1人500円(当日、受付で承ります)

このページの先頭へ
日本リハビリテーション連携科学学会事務局
〒112-0012 東京都文京区大塚3-29-1
筑波大学大学院人間総合科学研究科 リハビリテーションコース事務室気付
TEL:03-3942-6861 FAX:03-3942-6895