事務局からのお知らせ

会員の皆様へのお知らせ

正会員各位

2018年3月4日、日本リハビリテーション連携科学学会2017年度総会が開催されました。

出席者数が定足数に満たなかったため、学会会則細則第12条5項に基づき仮総会となりました。第12条8項に基づき、ここに仮総会議事録を会員に公開いたします(3月21日14時公開)。

1か月以内に正会員の過半数の文書による異議申し立てがあった場合は、総会の議決としての効力を失いますが、異議申し立てがなければ、1か月間の公開後に正式な総会の議決となります。

地域における連携推進活動助成事業募集について

(募集期間延長しました!)

 本学会では、地域における関係職種(関係施設)のネットワークを強化し学会活動の活性化を図ること、非会員に対し学会活動を周知し入会促進を図ることを目的として、「地域における連携推進活動助成事業」を実施することにしました。本学会会員が所属している地域の勉強会や研修会など幅広いものが対象になります。この助成金を勉強会会場費や諸経費に充てることにより、より幅広く効果的効率的な活動が可能になるものと思います。
募集期間は、平成30年4月1日~5月15日です。
是非、積極的にご応募ください。
詳細は、「平成30年度地域における連携推進活動助成事業要項」をダウンロードしてご覧ください。申請書も要項内にあります。どうぞ、よろしくお願いいたします。

「平成30年度 地域における連携推進活動助成事業 募集要項」

ダウンロードはこちら!

 

第2回日本リハビリテーション連携科学学会・論文奨励賞および学術大会発表優秀賞について

日本リハビリテーション連携科学学会・研究推進委員会

1.研究誌『リハビリテーション連携科学』第17巻1号および2号に掲載されたすべての原著論文(6論文)を対象に、論文奨励賞選考委員会において慎重に選考を行いました結果、下記の論文に第2回日本リハビリテーション連携科学学会・論文奨励賞を授与し、第18回大会において表彰式を行ったことをご報告いたします。
第2回論文奨励賞選考委員会

受賞対象論文

・小菅 律,吉野 眞理子.高齢者における運転回避の安全面に対する有効性.リハビリテーション連携科学.2016, vol.17, no.1, p. 20-29.

2.日本リハビリテーション連携科学学会第18回大会で発表されたすべての一般演題(発表取り消し1演題を除く59演題)を対象に、第18回大会発表優秀賞選考委員会において慎重に選考を行いました結果、下記2演題に、第2回日本リハビリテーション連携科学学会・学術大会発表優秀賞を授与することになりましたので、ご報告いたします。
第2回発表優秀賞選考委員会

受賞対象演題

・松井 優子,小澤 温.「企業内ジョブコーチのコンピテンシーに関する研究」
・竹中 啓介,吉野 眞理子.「重度の失語のある人との対話において情報伝達を促進する会話技術とは何か?」

第1回日本リハビリテーション連携科学学会・論文奨励賞および発表優秀賞について

日本リハビリテーション連携科学学会・研究推進委員会

1.研究誌『リハビリテーション連携科学』第16巻1号および2号に掲載されたすべての原著論文(10論文)を対象に、論文奨励賞選考委員会において慎重に選考を行いました結果、下記の論文に第1回日本リハビリテーション連携科学学会・論文奨励賞を授与し、第17回大会において表彰式を行ったことをご報告いたします。
第1回論文奨励賞選考委員会


受賞対象論文
・益田育子,馬場千晶,松井夏子.首都圏の訪問看護師が必要と考える震災発生直後の対応と事前の対策.リハビリテーション連携科学.2015, vol.16, no.2, p. 116-124.


2.日本リハビリテーション連携科学学会第17回大会で発表されたすべての一般演題(38演題)を対象に、第17回大会発表優秀賞選考委員会において慎重に選考を行いました結果、下記2演題に、第1回日本リハビリテーション連携科学学会・発表優秀賞を授与することになりましたので、ご報告いたします。
第1回発表優秀賞選考委員会


受賞対象演題
・中津真美,廣田栄子.「CODAの通訳役割に基づいた親子関係の構造:役割逆転の観点から」
・奥沢忍,廣田栄子.「聴覚障害教員の就労の現状と課題:聾学校と通常学校勤務の比較」


会員の皆様へ重要なお知らせ

メールアドレス登録のお願い

 平成28年度(平成28年4月)より、学会からのお知らせ等は原則として郵送による書面ではなく、会員個人に宛てたメール配信に切り替えます。研究誌「リハビリテーション連携科学」はこれまでどおり冊子を郵送いたしますが、「連携通信」その他事務局からのお知らせ等は基本的にはすべてメール配信となります。同時にホームページ更新のお知らせ、大会、自主研究会からのお知らせ等、これまで以上に会員の皆様へ情報をメールでリアルタイムにご提供していく予定でおります。
 すでに会員登録の際にメールアドレスを登録いただいた会員もいらっしゃいますが、平成26年度以前にご入会いただいた会員様には、今後学会からのお知らせを送付するにあたり、再度全会員に配信先としてよいメールアドレスを1つ登録していただくことになりました。平成27年度以降ご入会の方は入会時に登録いただいたメールアドレスを登録させていただきますので、再登録は不要です。以下の登録方法により、登録をお願いいたします。登録開始は平成27年6月1日からとなります。
 現在、「連携通信」をメールで受信されていらっしゃる会員様におかれましても、大変お手数ですが事務局で全会員のアドレス情報管理を開始する都合上、再度以下の手続きをお願いいたします。

《登録方法》

  1. 登録用サイトにはいる
    1. 直接Webから、次のサイトにアクセスする
      会員専用登録フォーム
    2. 学会ホームページからもリンクされているのでURL入力せずに入れます。
      学会トップページ
    3. QRコードからアクセスする(携帯からのアクセスが可能です)
      QRコード
  2. 氏名、ふりがな、会員番号、メールアドレス(確認用メールアドレス)を登録ください。(会員番号は学会誌等が発送される際の宛名に記載があります。不明の場合は空欄で可)
  3. 送信(Submit)ボタンを押して、情報を送付してください。
  4. 登録いただいたメールアドレスに確認のメールが届きます。届かない場合は事務局までメールにてご連絡ください

《個人情報》
登録いただいたメールアドレスは、その他会員登録情報同様、「日本リハビリテーション連携科学学会個人情報の保護に関する基本方針」により管理されます。当学会の活動及び各研究の活動、その他正当な目的のためのみに使用いたします。

《その他個人情報の変更について》
転居、所属変更、電話番号変更等、登録情報に変更がある場合は、学会事務局までメールですみやかに連絡下さい。ご連絡がないと学会誌、大会論文抄録集等の郵送物が配送できない場合があります。

このページの先頭へ
日本リハビリテーション連携科学学会事務局
〒112-0012 東京都文京区大塚3-29-1
筑波大学大学院人間総合科学研究科 リハビリテーションコース事務室気付
TEL:03-3942-6861 FAX:03-3942-6895